イラレでもフォトショでもできるイラスト風加工!超簡単な作り方を解説!

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!

毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。

こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!

今日のテーマ:写真のイラスト風加工

イラスト描けますか?イラストが描けないデザイナーに朗報です!超簡単に写真やレイヤーをイラスト風に加工する方法を解説します。

イラレとフォトショそれぞれで加工方法を紹介!どっちも10秒ほどでできます!さらにイラスト風にするだけでなく応用編も解説しているので是非最後までご覧ください。

 

切り抜きを使った加工のまとめ記事を作りました。切り抜いた後のデザイン例が豊富です。ぜひご覧ください!

関連記事

Photoshopの新機能によって画像の切り抜きは本当に簡単になりました。モノも人もほんの数秒で切り抜くことができます(完璧ではないけど)ということはつまり切り抜きの方法ではなく、切り抜いたあとのデザインを悩んでいる[…]

イラレ、あるいはフォトショでイラスト風加工を使ってみよう!

こちらが今回のデザインサンプルです。

写真をイラスト風に加工しています!

イラストが描けないデザイナーは多いと思います。今回は写真をイラスト風に加工するやり方の紹介です。

サンプルのような加工はフォトショとイラレどちらでもできるのです。

イラスト風にしたいときはもちろんですが、イマイチ写真がイケてない時にもごまかしとして割と使えます!笑

ここからはイラレとフォトショでイラスト風にする加工をお伝えします!

イラスト風の加工をイラレとフォトショそれぞれで解説

写真をイラスト風にするにはフォトショだとフィルターギャラリー(カットアウトがおすすめ)イラレだと画像トレースの機能を使うとイラスト風になります!

それぞれ解説していきます。(最初から画像がイラスト風に見えますがそれはGIFにする時に荒れているためです;;)

フォトショップ(フォトショ)を使って画像をイラスト風にするやり方

フォトショップの場合はフィルターギャラリーをつかいます。メニュー>フィルター>フィルターギャラリーの順です。

クリックするとフィルターギャラリーの画面になるので、アーティスティックのフォルダを開き、エッジのポスタリゼーションやカットアウトを使うとそれっぽくなります!

  1. 画像を選択
  2. メニュー>フィルター>フィルターギャラリー>エッジのポスタリゼーション or カットアウト
  3. OKを押すと反映

 

イラストレーター(イラレ)を使って画像をイラスト風にするやり方

加工方法としてはイラストレーターの場合は画像トレースを使います。

写真を配置した時にオプションメニューに表示される画像トレースのボタン(横にある矢印で種類を選択できる)をクリックすると写真がパスになりイラスト風の加工が簡単にできます!

ただしパスにすることで重くなる場合があるので注意です。

  1. 画像を選択(クリック)
  2. オプションメニューの画像トレースの矢印をクリックし16色変換など
  3. オプションメニューの拡張を押すと確定

 

 

もっと精密にする方法はありますが、今回は超簡単にできるイラスト風加工を紹介しました!

今回紹介した加工方法はイラレとフォトショともの10秒程度でできます!

是非チャレンジしてみてください。

 

ちなみにもろイラスト風になるのが嫌な方は写真を複製しといて複製した写真に加工をし、不透明度や描画モードを変えてあげると自然なイラスト加工も可能です!(次章で解説)

 

過去投稿017のデザインもイラスト風の加工を使っているのでよかったら合わせてご覧ください!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

 

デザ研
次の章ではイラスト風加工をなじませる方法を解説していきます!

 

 

イラレ、フォトショそれぞれで活用できるイラスト風加工の応用編!

上のデザインサンプルでもイラスト風にしてみました!切り抜いた写真に対してイラスト風にしています。

このサンプルでは主に二段階に分けてイラスト風の加工をしているんですね。

ただ加工をするのではなく馴染ませるために調節しています!

この章では馴染ませる方法を簡単に説明します。

【応用編】イラスト風の加工を馴染ませる方法を解説!

これが元の写真です。人物写真を切り抜いただけ!ちなみに人物の切り抜きはこちらの動画を参考にしてみてください。

 

そしてこの画像が前章で解説した方法でイラスト風に加工したもの!

カットアウトをかけて、描画モード通常の100%表示です。

イラスト風にした写真をそのまま1枚で使ってしまうと、調節が難しいです!

そのためにもう1STEPを追加します!

 

こちらが最終のイラスト加工です!

実はこれ、ただの切り抜き写真と、エッジのポスタリゼーションと、カットアウトの3つのレイヤーが重なっているのです。

このようなレイヤー構造になっています。

カットアウトの描画モードをカラー比較(明)の60%、ポスタリゼーションの描画モードを通常の70%にしています。

 

このように、、、

元のレイヤーを残して、その上にイラスト風のレイヤーを描画モードを変えて重ねる。

こうすることでかなり馴染んだイラスト風を作ることができます!調節がしやすいということですね。

なのでイラスト風加工をする前に、元のレイヤーを複製しとくと良いですね、複製したレイヤーに対してイラスト風の加工をし、描画モードと不透明度で調節するということです!

 

複製のショートカットキーは?▼
複製の方法は様々にありますが、イラレでもフォトショでもoptionを押しながらクリックして引っ張るショートカットをよく使います!

イラレ・フォトショのイラスト風加工のやり方まとめ

いかがでしたでしょうか?イラストが描けないデザイナーも加工を使えばイラスト風にすることはできます!

イラスト風にしたいときはもちろん、あまりいけてない写真だった場合もイラスト風にすることでごまかせたり。

 

イラスト風にする加工それ自体は10秒ほどでできます!そこから応用編に習って調節してみてください!

 

こちらの記事では切り抜き写真を使った別のデザインポイントを解説しているので合わせてご覧下さい。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

・10秒ほどでできる簡単なイラスト風の加工を覚えよう
・元レイヤーを残して複製したものにイラスト風加工を施す!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

デザイン研究所(デザ研)ほぼ毎日投稿(@designkenkyujo)がシェアした投稿


全国対応で短期で習得するグラフィックのデザインレッスンをやっております、詳しくはこちらをどうぞ。

>インスタでデザインを学ぶ

インスタでデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを運営中!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。だいたい毎日更新です!

CTR IMG