レイアウトデザインに迷わない!コツと作り方を10種類まとめました!

デザインにおけるレイアウトのポイントを知ることで圧倒的に作りやすくなります。

今回の記事ではそんなレイアウトに関してのデザインポイントを紹介!

どんなデザインにもレイアウトは存在します。

そんなレイアウトのよくあるパターンやプロが考えているポイントを解説していきます。

 

レイアウトデザインに迷わない!コツと作り方を10種類まとめました!

このデザイン研究所のブログではたくさんのデザインポイントを1つずつ紹介しています。

そんな中でレイアウトに関した厳選記事を紹介していきますね。

デザインの基礎知識からテクニックまで解説していきます!

ちなみに毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しておりますのでそちらのフォローもよろしくお願いします!

 

レイアウトデザインのコツ①:対比構造を表す2分割のデザイン

2つの要素を対比させた、○○×○○や○○vs○○、○○or○○などの対比に使える2分割のデザイン

分割し、多くの同じ要素を反復させることで作ることができます!

そしてトーンが揃った2色を使うことで対比デザインは完成します!

色×要素をつかった2分割のデザインで対比構造を表現しましょう。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

レイアウトデザインのコツ②:文章の左右を揃えて作るレイアウト

文章の左右を揃えることで綺麗なレイアウトを作ることができます。

これ、文章の左右を揃えることによって、レイアウトを自由にしています。

文章の整列構造ができれば配置は自由自在です。

このように左右を揃えた文章構造さえ作ってしまえば自在にレイアウトを検討することができます。

まずは整列させた文章構造を作り、その上で配置を検討してみてください!

ブログ記事ではそんなレイアウト展開を解説しています。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

レイアウトデザインのコツ③:上重く下軽くする

これは必ず覚えておいた方がいい黄金レイアウトの紹介です!

それは上を重くし下を軽くすること

これを知ることでかなりデザインは作りやすくなるはずです。

上を重く、下を軽くとは上を大きく、下を小さくとも言えます!

  • 上のレイアウト範囲大きい(重い)、下のレイアウト範囲小さい(軽い)
  • 上の文字が大きい(重い)、下の文字が小さい(軽い)
  • 上の余白が大きい(重い)、下の余白が小さい(軽い)

これらを意識することで黄金レイアウトは完成します。

もちろんこのレイアウトが全てではもちろんないのですが、これを知ること、検討することをおすすめします!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

レイアウトデザインのコツ④:水平に区切らないレイアウト

写真のレイアウトをそのまま配置すると、水平に区切ることが多いかと思います。

もちろんそれも1つのレイアウトで良いのですが、、、

水平ではない区切り方のレイアウトを知ることでデザインの幅は広がります!

水平に区切らないだけで、

  • 波線による区切りのレイアウト
  • 台形を使ったレイアウト
  • 楕円形を使ったレイアウト

などなど多数の区切るレイアウトを検討することができます!

 

デザ研
ブログ記事では水平に区切らないレイアウトの作り方を解説しています。

 

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

レイアウトデザインのコツ⑤:対角線を意識する

これも覚えておくと良いポイントです。

レイアウトを考える上で対角線という意識はかなり重要です!

この記事ではプロが対角線に見るモノを解説しています。

レイアウトを作る時に考えたいポイントが見る人の目線の動きです。

左上というのは目線の始まる位置、そして右下というのは読み終わる位置なのです。

そんな目線の動きを考えると、左上に興味を引くキャッチコピーを、右下に行動催促するデザインを配置することが多いです!

基本的に左揃えを意識して欲しいのも、目線の動きを考えた結果です。
関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

レイアウトデザインのコツ⑥:全面写真を使う四方裁ち落とし

これもかなり頻繁に使うデザインのレイアウトになります。

全面に写真を配置したレイアウトを四方裁ち落としといいます。

全面に写真を配置することでインパクトあるデザインを作ることが可能です。

全面写真を使うときに気をつけるべきポイントは文字の配置。

少ない文字の配置ならいいのですが、文字量の多いデザインは写真の余白を意識しないと配置できません。

そのためにはトリミング、塗りつぶし、削除することで余白を生みます!

 

デザ研
やり方はブログで解説しているのでぜひ記事をご覧ください!

 

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!今日のテーマ:全面写[…]

 

レイアウトデザインのコツ⑦:グリッドレイアウト

レイアウトでよく使う手法としてあるのがグリッドを使ったグリッドレイアウト。

グリッドは日本語にすると格子状。グリッドを使えば綺麗に整列しつつ多くの要素を配置することが可能です!

このようにグリッドを使いながら、均等に配置したり、強弱を使えて配置したり、ずらして配置したりすることができます!

グリッド表示・非表示はイラレではcmd(ctrl)+¥、フォトショではcmd(ctrl)+@で表示・非表示が可能です。

 

デザ研
デザインに配置する要素が多い場合は、グリッドレイアウトを検討してみてください!

 

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!今日のテーマ:グリッ[…]

 

レイアウトデザインのコツ⑧:王道の中央配置

レイアウトの王道はやっぱり中央配置。安定感がかなりでるレイアウトになります。

先ほど基本左揃えと解説していますが、

記載する文章が少ない場合は中央揃えで全く問題ありません。

中央揃え・中央配置のメリットは重心です。デザインの重心がかなり安定します。

まとめますと記載文が少ない、安定感が欲しい時は中央揃えにしてみる!

ということになります!

 

デザ研
ただし、安定感があるがためにつまらない印象も与えがちではあります…!

 

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!今日のテーマ:中央揃[…]

 

 

レイアウトデザインのコツ⑨:優先順位の違いによる複数レイアウト

タイトルやキャッチコピーがメインになることの多い レイアウトですが、

長文それ自体がメインとなるレイアウトももちろん存在します。

つまりこれは優先順位の違いによりレイアウトを変更しているということです。

そしてこの記事ではレイアウトにめちゃくちゃ関連するデザインパターンの作り方を解説しています。

デザインの現場では複数案を出すことが当たり前ですが、複数案は優先順位の違いからも作ることができます!

パターン展開の考え方さえ知ればレイアウトはしやすかったりします。

 

デザ研
パターン展開ができることでレイアウトの幅はグッと広がる!

 

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!今日のテーマ:文章が[…]

 

レイアウトデザインのコツ⑩:余白の意識

レイアウトを考える上で余白を考慮することはかなり重要です。

なぜなら余白はレイアウトを構成する超重要要素だからです。

レイアウトとは配置のことですが、余白も配置するモノです。

余白の見方が変わればレイアウトも変わります!文字や図形、写真と同じように余白も配置しているのです。

そんな余白をコントロールできるようになるとデザインの幅一気に広がります!

まずは余白の考え方・捉え方を変えること。個別のブログ記事で詳しく解説しています。

初心者は余白をデザインするモノだと思っていない。それはすごくもったいないです!
関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!今日のテーマ:余白の[…]

 

レイアウトデザインに迷わない!コツと作り方まとめ

いかがでしたでしょうか?レイアウトに関してのデザインポイントをまとめました。

様々なレイアウトを知れば知るほど、自分のアイデアの引き出しが増えていきます。

プロと初心者の違いの1つに、持っているアイデア数の違いがあります。

今回のようなレイアウトを知って、使ってみて、自分のアイデアとしていつでも引き出せるようになればどんどんプロに近づいていきます!

このまとめ記事を参考に、個別記事も読んでぜひ引き出しを増やしてってください!

 

ちなみにレイアウトについてのデザイン参考書も読んだことがありますが、、、

今回のようなデザインのレイアウトについてもっと書籍で学びたいのなら「伝わるデザインの基本」がおすすめです!

特に初心者の方にオススメします。ベストセラーだけに他の書籍と比べてかなり分かりやすいのです。

もし初心者を脱出しているのであればレイアウトに関してはこの「レイアウト・デザインの教科書」がオススメです!

created by Rinker
SBクリエイティブ
¥2,530(2020/09/26 09:24:13時点 Amazon調べ-詳細)
>インスタでデザインを学ぶ

インスタでデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを運営中!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。だいたい毎日更新です!

CTR IMG