【フォトショップ】写真を使うデザインにまとまりを生むデュオトーン加工

写真を2色で見せるデュオトーン手法

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!

毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。

こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!

 

今日のテーマ:写真を2色で見せるデュオトーン手法デザイン

写真を2色で加工するデュオトーンを紹介します!なお作り方やパターン作成に関しても説明しています!

フォトショップを使って簡単にできるこの加工。ぜひ試しにやってみて欲しいです。

初心者デザイナーに向けて色についての注意点もしていますのでぜひ最後まで記事をご覧下さい。

写真を2色で見せるデュオトーン手法デザインサンプル

写真を2色で見せるデュオトーン手法デザインサンプル

こちらが今回のデザインサンプルです。

デュオトーンを使って2色の写真加工をしています。

ここでいうデュオとは2色にという意味です!2トーンになるのでデザインが作りやすく、また色も少ないので文字も入れやすいです!

切り抜いた人物だけデュオトーンにしたりなどもよく見受けられます。(次の章で解説しています)

写真を2色で見せるデュオトーン手法デザイン解説

今回は紫とピンクのデュオトーンになります。

グラデーションはデフォルトで入っているものを使うのはNG!

さらに初心者は自分でカラーを設定したりするも初心者ぽくなります!

 

デザケン
では初心者がグラデーションを使うにはどうすればいいのか?

 

その答えがグラデーションのカラーコードをコピーできるサイトを使う事です!

「WebGradients」というサイトは自信をもっておすすめできます!

Free collection of 180 background gradients that you can use…

 

2色に加工するデュオトーン手法のやり方を解説!

やり方はかなり簡単でPhotoshopにて画像を開きます。

新規調節レイヤーでグラデーションマップを選択

グラデーションを選ぶ。

これだけです!

なおオリジナルのグラデーションを選びたいときは属性パネルのグラデーションをクリックするとグラデーションエディターが開きます。

グラデーションエディターの色(下画像の赤丸部分)をクリックすると色の編集が可能です!

 

グラデーションによってもちろん変わりますし、写真上にある調節レイヤーの描画モードを変えるとまた少し雰囲気違うデュオトーンになります!

デフォルトのグラデーションは使わないように!

2色で作る写真加工テクニック

赤系のデュオトーン

2色で作る写真加工テクニック

緑系のデュオトーン

2色で作る写真加工テクニック

青系のデュオトーン

赤系と緑系、青系のデュオトーンを使ってみました。

デュオトーンは簡単にできてプロっぽくなる写真加工テクです!

フォトショップを使えるなら一度試してみてください!

 

なお緑系のデュオトーンは描画モードを変えています。このように写真や見せたい雰囲気によっては描画モードを変えることもいいでしょう。

描画モードを使ったデザインについてはこちらの記事で解説しております!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

デザケン
写真を使ったデザインにぜひ使ってみてください!

 

デザインのまとまりを生む!切り抜いた写真にデュオトーン加工

デザインのまとまりを生む!切り抜いた写真にデュオトーン加工

上のデザインサンプルでは切り抜いた女性の写真にデュオトーン加工をしてみました。

やり方は先ほどの解説と同じです。切り抜いた女性だけに加工をしたいときはクリッピングマスク がおすすめ。

このように多色である写真を2色にすることでまとまりが生まれます!

 

デザ研
写真をそのまま使うとどうしても色数は多くなります。(モノクロ写真は除く)

 

クリッピングマスク を使ったデザインポイントはこちらでも解説しております!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

写真を使ったデザインでいまいちまとまりがないなあ。なんて時にも使えるのがデュオトーン。

ぜひ使ってみてください。

 

簡単な配色の作り方は1色あるいは2色

ちなみにこのように色数が少ないほどにデザインにまとまりが生まれるのにも関わらず、初心者は多くの色を使いがちです。

初心者は色を多く使いがち!少なければ少ないほど簡単に!
ですのでまず初心者は白と黒を除き、1色あるいは2色で作るように意識すると良いかと思います。
すると色が少ないのでまとまります!それができてから3色や4色を考えてみてもいいでしょう。
ちなみに白黒除いて、1色あるいは2色で十分に本格的なデザインはもちろん作れます!

写真を2色で見せるデュオトーン手法デザインまとめ

いかがでしたでしょうか?

2つのサンプルを使って写真全面と切り抜き写真に対してデュオトーンを使ってみました。まとまるし、おしゃれ、クールになるこの写真加工。

デザイナーの方だけでなくカメラマンの方にも挑戦して欲しいテクニックです。やり方は簡単ですので試しにやってみてくださいね!

 

今回記事の中ででてきた描画モード、クリッピングマスクその2つを使ったデザインポイントもあるので合わせてご覧ください!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

ちなみに多くの色についてのデザイン参考書も読んだことがありますが、

今回の記事のようなデザインの色について書籍で学びたいのなら「配色デザイン良質見本帳」がおすすめです!(なぜならこの本は実例+解説付きだからです)

他の配色デザインの本はただカラーのパターンが載ってるだけのものが多く、実例のデザインや解説がないのです!

・デュオトーンとは2色の写真加工!グラデはデフォルトは選ばない!
・写真を使ったデザインでまとまりがない時にデュオトーンを試してみる

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

デザイン研究所(デザ研)1日2投稿(@designkenkyujo)がシェアした投稿


全国対応で短期で習得するグラフィックのデザインレッスンをやっております、詳しくはこちらをどうぞ。

>フォローしてデザインを学ぶ

フォローしてデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを作りました!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。毎日更新です!

CTR IMG