黄色と黒のついつい見てしまう2色の配色で惹きつけるデザインを作る

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!

毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。

こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!

 

今日のテーマ:黄色と黒のデザインつい見てしまう配色

ではなぜ数字を大きくするのか?なぜ数字は引きが強いのか?

解説していきます。

黄色と黒のデザインでつい見てしまう配色のデザインサンプル

こちらが今回のデザインサンプルです。

黄色と黒の配色は注意喚起の意味もあり、ついつい見てしまう配色です!

デザケン
注意を促す標識も踏切も黄色と黒の配色ですよね!

前回の投稿も閲覧注意ということで、黄色と黒を使ったデザインでした。(今回のがはっきりしてますが)

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

またお金関連のサービスでも黄色と黒はよく使われるので見てしまうのでしょう・・・

今回のデザインサンプルでは初心者注意の意味を込めまして黄色と黒メインの配色に。注意マークも配置しました!

また一文の中でプロの文字だけが黄色になって強調されてます。

背景と同じ黄色を使うことで統一感も出ますね。

 

このように

背景と同じ色を使いえば、強調と統一感を出すことができる!

このポイントを覚えておくとかなり頻繁に使えます!

 

デザケン
このポイントは黄色だけでなく、何色であっても使えるノウハウです!

 

色の持つイメージや意味からメインのカラーを決める

上のデザインサンプルでは

  • 注意喚起を表す黄色と黒の組み合わせ
  • 明るい楽しいなどの感情を表す黄色
  • お金や金融のイメージを持つ黄色

という要素で作ってみました!

 

デザ研
黄色だけでも他にも色々あります!

 

つまりこれは黄色というだけでなく、他の色に関しても言えることで。

色の持つイメージや意味からメインカラーを決める!

というのがポイントです。

背景デザインの決め方に関してはこちらの記事をどうぞ。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

カラーには意味やイメージがあり、調べるとたくさんでてきます!

伝えたい意味やイメージからメインカラーを決めれると良いですね。

そしてメインカラーが決まればサブのカラーも決まってきます。ここからは配色ツールを使って解説します。

メインカラーを決めた後のサブカラーの決め方

メインのカラーをイメージや意味から決めたとしたら次は組み合わせ。

初心者は自分で色を組み合わせようとするから初心者っぽい色になってしまうんですよね(当たり前の話なのですが)

色の組み合わせを決めるときはツールを使うといい!

世の中には便利な色に関しての無料ツールが割とあります!

 

例えばこれは1つ色のカラーコードを入力するとそれに合う色を表示してくれるWEBツールです。

In love with colors, since 2002. A designer tool for creatin…

 

このようにメインのカラーコードを入力すると、、、!

 

色の組み合わせを自動で表示してくれるのです!!

カラーホイールの上部にあるここを変更すると、また違う組み合わせを表示してくれます。

 

こういったツールを使って色の組み合わせを考えてあげると初心者っぽい色から卒業できますね!!

黄色と黒のデザインでつい見てしまう配色のデザインまとめ

いかがでしたでしょうか?

黄色と黒の配色を基に色についてのデザインポイントを解説しました!

メインのカラーは色の持つイメージや意味から決める。そしてサブカラーはWEBツールを使って決めるのがおすすめです!

ちなみにこちらの記事では知らなきゃ損する黒文字と白文字のデザインポイントを解説しているので合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

ちなみに多くの色についてのデザイン参考書も読んだことがありますが、

今回の記事のようなデザインの色について書籍で学びたいのなら「配色デザイン良質見本帳」がおすすめです!(なぜならこの本は実例+解説付きだからです)

他の配色デザインの本はただカラーのパターンが載ってるだけのものが多く、実例のデザインや解説がないのです!

・黄色と黒の配色は注意喚起のイメージからつい見てしまう
・色の持つイメージや意味からメインのカラーを決める

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

デザイン研究所(デザ研)(@designkenkyujo)がシェアした投稿

 

全国対応で短期で習得するグラフィックのデザインレッスンをやっております、詳しくはこちらをどうぞ。

>フォローしてデザインを学ぶ

フォローしてデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを作りました!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。毎日更新です!

CTR IMG