【デザイン】文字の縦横比は本当に変えてはいけないのか?知っておくべきこと

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!

毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。

こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!

今日のテーマ:文字の縦横比変更

文字の縦横比を変えてはいけないとよく聞きますが本当にそうなのでしょうか?今回の記事では縦横比を変える場合について解説していきます!

縦横比を変えたデザインもかっこいいです。しかしそれには条件があります。ぜひブログ記事をご覧ください!

文字の縦横比を変えてもいい3つの理由を解説!

こちらが今回のデザインサンプルです。

文字の縦横比をあえて変えています。

文字の縦横比は変えてはいけません!デザインを学んでいると必ずこの掟を教えられます。しかし文字の縦横比をあえて変更するデザインもあります。

ではどのような時に変更していいのか?それは

縦横比を変えることに意味がある場合と表現したいイメージに近づきたい時です。

文字の縦横比を変更する場合は、

  1. 変えることに意味を持たせられる場合
  2. 表現したいイメージに近づけたいとき
  3. 伸ばし棒などの調整

になります!それぞれ解説していきます。

 

文字の縦横比を変えるデザイン①意味を持たせられる場合

縦横比を変えることに意味がある場合とは、例えば自由であることを表現したいとき。比率を変えてはいけないというルールをあえて破り自由を表現するなど。

または広がりを表現したいとき。文字の縦横比を変えることで縛られない広がりを表すこともできますね。

あとは背伸びや、固定概念を覆す、太る、潰れるなどの表現もできそうです。

まとめると縦横比を変えることに意味を持たせられる場合ということになります!

 

文字の縦横比を変えるデザイン②表現したいイメージに近づけたいとき

もう1つが表現したいイメージに近づけたいとき。文字の縦横比を変えることでアートっぽく、先進的なイメージを持たせることができます!

または新聞風のデザイン。新聞の文字は縦横比が調節されてます!あるいは文庫本の表紙などもそうです。

今回のデザインサンプルではアート風をイメージしました。

その観点で見るとアート寄りなデザインであえて縦横比を崩している文字を時々見かけます、新聞や文庫本もぜひ見てみてください!

また〇〇風のデザインに関してはこちらの記事をご覧ください!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

文字の縦横比を変えるデザイン③伸ばし棒などの調整

これが一番一般的に使われるプロの技です!それが伸ばし棒などの調節で横比率を変えること。

例えばフリーランスという文字、普通に入力(横比率100%)したらこれですが、、、

伸ばし棒の横比率を80%に変えると、、、

このようにすっきりします!

タイトルの伸ばし棒などの横比率を変えることなどが多いです!

 

文字の縦横比を変える3つの理由をおさえよう

特に③はすぐに使えるポイントだと思います。

 

デザ研
次章では文字の縦横比を変える方法を解説します!

 

 

デザイン初心者が注意すべき文字の縦横比変更!

こちらのデザインサンプルでも縦横比を変えてみました。

具体的に説明しますとタイトルの部分は縦比率が変わっています!

そして

これらの横文字に関しては横比率を変えています。

今回のデザインサンプルは前章でいう②の理由になります。アートっぽい印象を与えたいために縦横比を変えました。

縦横比変えるのけっこうイケてますよね?笑

 

文字の縦横比を変える2つの方法

文字の縦横比を変える方法は2つあります。

1つめはイラレもフォトショも選択ツール/移動ツール(V)で比率を変えることです。

 

2つめが文字パネルを使用することです。前章で解説した③の伸ばし棒の調節など1文字単位での調節はこちらを使用します!

▼イラレの文字パネル(青くなっている部分)

 

▼フォトショの文字パネル(青くなっている部分)

 

文字の縦横比を変える際の注意点

ただし縦横比を変更する注意点があります!

初心者のうちは縦横比は変えないことです!縦幅が足りない、横幅が足りないの理由で縦横比を変えることはNGです。

しっかりと比率を変えずに文字の大きさを変更しましょう!

幅が足りない時は字の間隔を広げる/狭めるや文字の大きさを変えて調節。

なんとなくや、幅が足りないの理由で縦横比を変えてはいけない。

 

初心者を脱出した後ならどんどん新しい表現にチャレンジしましょう!

NGデザインOKデザインも多く紹介していますが、本来そのように括られるほど制限のあるものではありません。

むしろそのくくりこそが中級者になるための壁となっている場合があります。

ただ何度も言いますが、、、基本を心得てからやってはいけないデザインにチャレンジしていきましょう!

文字の縦横比の変更はその最たる例です。

 

文字の縦横比を変更する2つの方法を覚えよう!

また注意点も覚えておいてもらえると!

【デザイン】文字の縦横比は本当に変えてはいけないのか?知っておくべきこと。まとめ

いかがでしたでしょうか?縦横比を変えたデザインありだなということが分かっていただけたかと思います!

1番の条件があるとしたら初心者を脱出していることです。縦横比を変えても、脱出していればダサい文字にならずに良い雰囲気がでます。

ということでこの記事は中級者向けのカテゴリーとなっております!ぜひそのうちチャレンジしてみてください。

 

こちらの記事では特殊系のフォントを使うデザインについて解説しています。合わせてご覧ください!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!今日のテーマ:個性的[…]

・文字の縦横比を変える3つの理由を知る
・文字の縦横比を変える2つの方法を覚える

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

デザイン研究所(デザ研)ほぼ毎日投稿(@designkenkyujo)がシェアした投稿


全国対応で短期で習得するグラフィックのデザインレッスンをやっております、詳しくはこちらをどうぞ。

>インスタでデザインを学ぶ

インスタでデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを運営中!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。だいたい毎日更新です!

CTR IMG