ロゴは基本図形だけで超簡単に作れる。イラストレーターでもそれ以外でも。

文字の一部変形魅せるタイトル

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!

デザイン特化のメディアでは国内最大級のTwitterインスタグラムを運営しています。

今日のテーマ:文字の一部変形

文字を一部変形させることで魅力的なロゴやタイトルデザインを作っていきます!変形といってもとても簡単。

楕円形、長方形、三角形というような基本図形を使った文字デザインを紹介しています!パワポでできるくらい簡単。

 

 この記事で得られること
 ロゴを単純に考えることができる!

 基本図形をつかった文字表現をイメージできる! 

 

こちらの記事はシンプルなデザインまとめ記事にも含まれています!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!デザイン特化のメディアでは国内最大級のTwitterとインスタグラムを運営しています。 今回の記事ではシンプルなデザインを作るテクニックを[…]

超簡単にロゴ風の文字デザインを作ってみよう!

超簡単にロゴ風の文字デザインを作ってみよう!

こちらが今回のデザインサンプルです。

Eという大文字が変形しています。

タイトル文字の一部を変形させるというロゴに使われるテクニックを応用したポイントです。

Eの文字を変形、変形の素材を流用

今回のデザインサンプルではEの三本線を横に伸ばして色を変えてみました。その三本線をデザインの各所に散りばめることによって魅せるデザインになっています。

これは過去投稿176「全体の統一感UP、モチーフを反復」のデザインポイントです。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!デザイン特化のメディアでは国内最大級のTwitterとインスタグラムを運営しています。今日のテーマ:モチーフ反復デザインの重要要素である反復(繰り返し)。こ[…]

 

タイトルと左上と右下、そして左下の文字に対しても!今回のEを伸ばした作り方はめちゃくちゃシンプル。

Eのフォントに合わせた長方形を3つ作って重ねてるだけです!そしてEと長方形の色を変えてるのみ!

 

デザ研
めっちゃ簡単!

 

ロゴで使われる文字の一部変形、今回はパーツを足すという方法ですが、他にもたくさん考えられます。

例えば1文字だけ反転させたり、パーツを欠けさせたり、パーツをつなげたりなど。

ただ基本的にシンプルな方が作りやすいし、ロゴっぽくなります。

初心者ほどロゴも複雑にしがちです。複雑なロゴはバランスがとても難しい。

次の章の解説では基本図形だけで文字の一部を変形させています!

 

このような形でロゴを作ってもいいですし、このテクをタイトルに使うことでしっかり魅せることのできるデザインにもなります。

WEBデザインやバナーにもチラシやポスターにもぜひ取り入れたいロゴテクを使った文字デザイン。

今回の文字の一部変形のポイントをロゴでもタイトルでも参考にしてみてください!

 

長方形のショートカットキーは?▼
イラレではM、フォトショではUになります!

 

文字の一部を変形させたタイトルを作ってみよう!

 

イラストレーターかどうか関係ないほどに簡単なロゴ風文字の作り方!

基本図形で作る文字

こちらのデザインサンプルでは丸と四角と三角という基本図形を使って4種類の文字デザインを作ってみました!

このように基本図形だけでも目を引く文字のデザインは作れます!

基本図形なのでもはやパワポでも作れるかもしれません。

それぞれ紹介していきます!

 

文字に長方形を加えたデザイン

こちらのデザインは長方形を加えただけですね。前章で解説したEもこの長方形を伸ばしただけでした!

このように長方形で伸ばすデザインはロゴでも多く見受けられます。例えば「写ルンです」や「VANS」など。

また伸ばし棒を長方形を加えて伸ばしているデザインもよくみますね!

 

文字に三角形を加えたデザイン

こちらは三角形をMの上に配置しただけです!

このように図形を上に配置して、より単純な形にしたロゴはよくみます。

例えばAは三角でも表現できますよね。またVも三角形のみで表現できたりもします!

 

文字に二つの正円を加えたデザイン

正円を2つ配置した文字デザインです。正円を上に配置することで、Oを口のようにしてみました!

正円を配置して文字を変形させることもよく見ます。例えばAの横棒を消して、代わりに正円を配置したり。

あるいは英語の小文字は正円を使える文字が多いです。bとかd、pとかq、あとはiとかですね。

 

文字に少し複雑な図形を加えたデザイン

こちらは少し複雑に作ってみました!ただ複雑といっても基本図形で作られています。

イメージはメガネをしている人です。笑

このような複雑に見える文字デザインでさえ基本図形で作れる可能性があるということを伝えたかったです!

 

基本図形を足して文字を変形させてみよう!

ロゴにも使えますし、タイトルにも使えます。

 

もっと文字の一部変形のポイントを使ったデザインが見たい方!

この記事で解説した文字の一部変形のデザインをもっと見たい方は、、、

デザイン研究所が運営する学べるギャラリーサイト「managary」へどうぞ!

もっと文字の一部変形のポイントを使ったデザインが見たい方!

 

デザ研
クリックすると文字の一部変形を使ったデザイン”だけ”が表示されます!

ロゴは基本図形だけで超簡単に作れる。イラストレーターでもそれ以外でも。まとめ

いかがでしたでしょうか?図形を重ねるだけでロゴも作れますし、タイトルも作れます。

このような形でタイトルを作ることによりデザインの完成度はグッと上がります!ぜひ参考にしてタイトルを装飾してみてください。

 

タイトルデザインまとめ記事

このブログ記事はタイトルデザインまとめ記事にも含まれています。

関連記事

タイトルは文章の中で最も重要な要素であることは間違い無いです。今回の記事ではそんなタイトルに関してのデザインポイントを27種類紹介!27種類も知ればおしゃれなタイトルデザインを作ることは十分可能です。個別記事[…]

・文字の一部を変形させたタイトルを作ってみよう!
・基本図形をプラスして文字を変形させてみよう!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

デザイン研究所(デザ研)ほぼ毎日投稿(@designkenkyujo)がシェアした投稿

広告
>インスタでデザインを学ぶ

インスタでデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを運営中!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。だいたい毎日更新です!

CTR IMG