雑誌デザインでよく見る!文章の1文字目を大きくするデザインを解説!

文章の1文字目を大きくするデザイン

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!

フォローするだけでデザインを学べるTwitterアカウント
毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。

こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!

 

今日のテーマ:文章の1文字目を大きくするデザイン

2つのデザインサンプルを使って文章の1文字目を大きくするデザインについて解説しています。

ずいぶん小さなデザインポイントだな!なんてあなどることなかれ。実はこのような小さなポイントがとても重要なのです。

プロデザイナーになるにはまで発展して解説しているのでぜひ最後まで記事をご覧ください!

文章の1文字目を大きくするデザインサンプル

文章の1文字目を大きくするデザインサンプル

今回はタイトルではなく文章のデザインです!

こちらが今回のデザインサンプルです。

1文字目を大きくしたというデザインになっています。

他にも大きくした1文字目に正方形を配置したり、1文字目だけ色を変更したりなど色々バリエーションがあります!

文章の1文字目を大きくするデザイン解説

このようにタイトル以外にも文章を読んでもらえるようにちょっとした工夫はしていきたいですね。

今回の1文字目は過去投稿の033にあった中抜き文字を利用しています。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!フォローするだけでデザインを学べるTwitterアカウントと毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインス[…]

 

1文字目が大きく、中抜き文字である文章が2つありますが、これらを繰り返していることによってデザインにリズムが生まれ伝わりやすくなっている点もポイントです!

繰り返しのデザインに関してはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!デザイン特化メディアでは国内最大級のTwitterとインスタグラムを運営しています。 今日のテーマ:2分割のデザイン2つの要素を対比させた、○[…]

 

また前半の文章は黒字でしたが、そしての文字が白で枠も白黒反転しています。これも文章のデザインを切り替えてメリハリをつけるワンポイントですね!

 

タイトルのデザインにこだわるというのは基本ですが、、、

小さい単位でこだわれるようになると初心者脱出ももうすぐ!!

今回の小さい単位というのは文章のことです。大きい単位であるタイトルだけでなく、こういった小さい単位にこだわれるようになっていきましょう。

 

デザケン
そう思うと初心者とプロの違いの1つはこだわりが多いか少ないかかもしれません。

 

プロデザイナーになるには多数の小さなこだわりでデザインを作る

初心者を脱するデザイン

上のデザインサンプルでは文章の1文字目を四角で囲んでいます。

これは雑誌や冊子のデザインにかなりよく見られますね。先ほど小さい単位でこだわれるようになりましょうと言いましたが、

参考デザインを見るときも小さい単位で見れることが大切です。

 

デザ研
そんな小さい単位で見たデザインのポイントを解説してるのがこのブログです!

 

プロのデザインというのは多数の小さなこだわりで作られています。例えば今回のデザインサンプルではタイトルのデザインを縦書きにしました。

縦書きの文章の間に線を入れたデザインはこちらの記事で解説しています!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!フォローするだけでデザインを学べるTwitterアカウントと毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインス[…]

 

あるいはこの詳しくはクリックの中の文字は上下左右の余白を意識しています。

こちらの記事では帯を使って説明していますが上下左右の余白に関しても解説しています!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!フォローするだけでデザインを学べるTwitterアカウントと毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインス[…]

プロのデザインは小さなこだわりの集合体

今回のデザインポイントはタイトルや背景などの大きなビジュアルではなく、文章の1文字目という小さなポイントでした。

しかしそんな小さなポイントがデザインを作っています。デザインには深さがあります。

このようなより小さな範囲でこだわれるかどうかが、深さをだす1つのポイントになります!

小さなこだわりを多く作る。つまり多くのこだわりで1つのデザインを作る。

これがプロデザイナーになる道しるべだと思います!

 

文字を1文字だけ大きくする場合は、レイヤーを別にすると作りやすいです。

もっと一文字目を大きくのポイントを使ったデザインが見たい方!

この記事で解説した一文字目を大きくのデザインをもっと見たい方は、、、

デザイン研究所が運営する学べるギャラリーサイト「managary」へどうぞ!

 

デザ研
クリックすると一文字目を大きく使ったデザイン”だけ”が表示されます!

 

文章の1文字目を大きくする文字のデザインまとめ

いかがでしたでしょうか?

文章の1文字目を大きくするデザインから発展してプロデザイナーになるには?までを解説しました。

このデザイン研究所ではこのような見逃しがちな小さなこだわりのデザインポイントを紹介しているので他の記事もぜひチェックしてみてください!

こちらの記事でも小さなポイントを紹介しています。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!フォローするだけでデザインを学べるTwitterアカウントと毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインス[…]

・文章の1文字目を大きくしてみる
・1つのデザインの中に小さなこだわりを多数作る

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

デザイン研究所(デザ研)(@designkenkyujo)がシェアした投稿

全国対応で短期で習得するグラフィックのデザインレッスンをやっております、詳しくはこちらをどうぞ。

>インスタでデザインを学ぶ

インスタでデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを運営中!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。だいたい毎日更新です!

CTR IMG