コントラストとは強弱!弱くすることも重要!助詞のひらがなを小さくしたデザイン

助詞のひらがなを小さくしたデザイン

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!

毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。

こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります!

 

今日のテーマ:助詞の平仮名は小さくデザイン

助詞とは前後の文をつなぐ言葉!ひらがなで1語で表すことが多いです。例えば

など。これら助詞を小さくデザインすることについて解説していきます。

助詞の平仮名を小さくしたデザインサンプル

助詞のひらがなを小さくしたデザインサンプル

こちらが今回のデザインサンプルです。

助詞の”の”と”を”が小さくなっています。

助詞の平仮名は小さくデザインすると文字に強弱がついてメリハリのあるデザインに。

“を”や”の”などの接続詞は優先順位が低いので小さくしても問題ありません!

 

なお文字を大きくすることについてはこちらの記事をどうぞ!

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

助詞のひらがなを小さくしたデザイン解説

ただ全ての接続詞を小さくする必要はありません!

例えばタイトルなどの目立つ文字だけ小さくすると良いかと思います。つまり文章中の助詞を小さくしていく必要はないということですね。

1文字だけ小さくする大きくするは数字で設定するのではなく、デザインソフトの場合はショートカットキーで小さく・大きくしてあげるといいですね!

サンプルのデザインに使われている枠の使い方はこちら

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

イラレのスポイトツールを使うと、文字の大きさ、フォント、色をコピーすることができます!

小さいを意識してもデザイン初心者の文字は大きいことが多い!

文字の小ささを意識したデザインサンプル

上のデザインサンプルでは

  • する
  • 小さくすること

という文字が小さくなってます。

デザイン初心者は文字を小さくしたつもりでもそこまで小さくない場合が多い

読めるかどうかは実際に掲載する媒体で確認してみましょう!

スマホで確認したり、印刷物であれば試しにコンビニなどで印刷してみたりすると良いかと思います。

 

デザ研
印刷物の場合は最小サイズは6pt!(文字によっては5ptでも読める)

 

こちらの記事では数字を大きくすることについて解説しています。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

サンプルデザインにあるように

文字の大きさはアメとムチがあるようにメリハリが大事!

 

デザ研
ジェットコースターに緩急があるように、時間の使い方にオンオフがあるように、デザインにもメリハリを!

 

数字を大きくするデザインまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事と以下の2つの記事を読むと文字の大きさに関してはかなり深い理解を得ることができると思います。

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

関連記事

こんにちは、読むだけでデザインを学べる!デザイン研究所です!毎日デザインのポイントを解説するインスタアカウントを運営しております。こちらのブログはインスタ投稿をより深く解説した記事になります! […]

 

これら3つの記事のポイントを意識してデザインを作ってみてください!

・優先順位の低い、助詞のひらがなを小さくデザイン
・文字の大きさはアメとムチのようにメリハリが大事

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

デザイン研究所(デザ研)(@designkenkyujo)がシェアした投稿


全国対応で短期で習得するグラフィックのデザインレッスンをやっております、詳しくはこちらをどうぞ。

>フォローしてデザインを学ぶ

フォローしてデザインを学ぶ

デザインの見る目を養うインスタアカウントを作りました!初心者から脱するデザインのポイントを解説しています。毎日更新です!

CTR IMG